ガス発電機が人気な理由


学園祭おすすめモデル

ガス発電機と電気製品との接続

10月にもなれば全国各地で学生さんの間では、学園祭で盛り上がる季節だと思います。模擬店やステージイベントなど出し物をするにも電源確保は必要ですよね。しかし場所によってはガソリンの持ち込みが禁止されていたり、騒音に注意しなくてはいけなかったりと色々と配慮しなくてはいけない場面も出てくると思います。 そこで、今回はそんなシーンにピッタリのEU9iGBをご紹介したいと思います。

・燃料はカセットボンべ2本でOK

場所によっては火災や事故の原因となるガソリンの持ち込みを禁止していることが多々あります。そんな時にピッタリなのがこのEU9iGBです。ガソリンの代わりとなる燃料はカセットボンベ2本だけ。ガソリンと違い取り扱いも簡単で、ガソリンがこぼれたなどの心配も不要です。低温化で気化しにくくなるカセットガスですが、EU9iGBなら低温始動性にも優れているので寒くなってくるこの時期でも安心して使えます。

・運転音が静か

もうひとつ多いのが騒音禁止エリア。ホンダの発電機はどの種類も比較的始動音は静かですが、EU9iGBはその中でダントツで音が静かです。エコスロットルという接続機器の消費電力に合わせて運転してくれるモードにすると更に静かになるので騒音が気になる場所でも問題なく使用が可能です。


・車輪付きで持ち運びが簡単

重たいものが苦手という方でも折りたたみ式のハンドルと大型の車輪がついているので、持ち上げる必要もなくキャリーバックみたいに移動させることが出来ます。本体自体も重量19.5㎏でサイズが365×262×524㎜とコンパクトなので、狭い場所でも保管が可能です。

・並列運転にも対応

少し出力が足りないなぁという場合でも、並列運転コードを使えば出力も2倍で使用が可能です。同じEU9iGB同士だけではなくガソリンタイプのEU9iとも接続が可能なのも魅力的です。


ガスレンタル機種で安心して発電しましょう

何かと制約が多い場面がある学園祭ですが、そんな中で人気のカセットボンベタイプの発電機。ガソリンの使用が禁止、騒音禁止となったら、これさえ借りれば間違いなしです。しっかり電源確保して学園祭も成功させちゃいましょう。


📌更新日 2019年10月10日

この記事を書いた人

発電機のレンタルスタッフ

整備スタッフ 山田幸一

・発電機を見たことも触ったこともない方に向けて、とにかく『分かりやすさ』に重点を置いて、記事を書いております。



▶ 関連性の高い記事

発電機に燃料を入れる際の注意


ガソリンを使うだけに、一歩間違えれば大事故が怒る危険性もあるので、取り扱いには十分に注意が必要です。 そこで、今回は給油する際の注意点やガソリンの取り扱いについてご紹介したいと思います。